現況と会計報告

行事・会務
event

現況と会計報告

会   計   報   告

一般会計

(単位:円)


令和2年度一般会計・決算(R02.7.1~R03.6.30)
科  目 予 算 額 決 算 額 増 減 摘 要
前年度繰越金 926,334 926,334 0 令和元年度繰越金
新入会員会費 1,565,000 1,555,000 ▲ 10,000 令和3年3月卒業生 311名×5,000円 転出2名
会費 150,000 173,000 23,000 会員年会費 1,000円×173名
雑収入 158,666 462,601 303,935 総会準備金残額戻入、名簿売上、寄付・ご厚志
合計 2,800,000 3,116,935 316,935
(支出の部) 
科目 予算額 決算額 増減 摘要
事務局費 50,000 33,914 16,086 同窓会保存用卒業アルバム ゆうちょ手数料
事務用品費 20,000 5,626 14,374 事務消耗品
印刷費 60,000 63,904 ▲ 3,904 タックラベル 年会費・振込取扱票印刷
通信費 170,000 170,224 ▲ 224 会報・通信等送料 残高証明書
慶弔費 30,000 22,299 7,701 田尻校長御尊父 弔電
会議費 530,000 14,296 515,704 会報発送作業会議費 役員打合せ会場費
総会関係費 100,000 0 100,000 総会中止
会報発行費 240,000 154,990 85,010 会報48号印刷(A4 P4 3,600部)
学校祭関係費 0 0 0 学校祭中止
同期会等助成費 250,000 10,660 239,340 第39回ゴルフ大会助成(1件)
新会員関係費 190,000 179,728 10,272 卒業式紅白餅(450×400箱 振込手数料)
体育文化助成費 50,000 50,000 0 体育系・文化系部活動 学友会
母校行事助成費 350,000 81,020 268,980 卒業祝五角(合格)鉛筆  出前授業謝金
HP構築・維持費 110,000 124,340 ▲ 14,340 HP更新費 ホスティング料・ドメイン管理 サーバー利用料
特別会計積立金 400,000 400,000 0 積立金(特別会計積立金口座へ)
予備費 250,000 0 250,000
合計 2,800,000 1,311,001 1,488,999
【差引の部】
収入額合計3,116,935
支出額合計1,311,001
差引残額1,805,934
摘要令和3年度へ繰越し
特別会計積立金等 決算報告
項目 令和元年度末繰越額 増額減額令和2年度末決算額
金額事由 金額事由
特別会計積立金 4,541,344 400,000一般会計より1,100残高証明書手数料4,940,262
18預金利息
周年事業積立金 3,038,7940 1,100証明書手数料3,038,794
合計 7,580,138400,018 2,2007,977,956
令和3年度一般会計・予算 (R3.7.1~R4.6.30)
科目 R3予算額 増減(対R2予算比)
前年度繰越金 1,805,934 879,600
新入会員会費 1,585,000 20,000
会費 150,000 0
雑収入 59,066 ▲ 99,600
積立金取崩収入 0 0
合計 3,600,000 800,000
(支出の部)
R3予算額 増減 (対R2予算比)
事務局費 50,0000
事務用品費 20,0000
印刷費 150,00090,000
通信費 300,000 130,000
慶弔費 30,0000
会議費 530,0000
総会関係費 50,000▲ 50,000
会報発行費 240,0000
学校祭関係費 00
同期会等助成費 250,0000
新会員関係費 190,0000
体育文化助成費 50,0000
母校行事助成費 350,0000
HP構築・維持費 400,000290,000
特別会計積立金 100,000▲ 300,000
予備費 890,000640,000
合計 3,600,000800,000

現況



札幌東高等学校同窓生は、明治41年(1908年)3月 札幌区立職業学校を卒業された10名に始まり、令和3年3月卒業の71期311名を含め、38,102名となりました。

同窓会の目的は会員同士の親睦と母校の発展に寄与することであり、毎年8月には,総会を開いて会の運営を議決し、総会後の懇親会では同期・先輩・後輩が和やかかつ盛大に旧交を温めあいます。

総会以外に親睦行事として同窓会ゴルフコンペやパークゴルフ大会を開催しており、同期会や同好会の開催支援も行っています。
札幌以外でも、東京同窓会や函館支部などでも、定期的に懇親会を開催しています。
若い会員の皆様に積極的に活動していただけるよう、毎年5月に新幹事セミナーを開催しており若手の育成に努めていますが、令和2年は新型コロナウイルスの感染拡大により、開催できませんでした。

7月に母校で開催される東高祭では、母校の長い歴史と同窓会の活動をパネルで展示し、各期の卒業アルバムは多くの同窓生・在校生・父兄の方々から熱心にご覧いただいていましたが、令和2年は開催できませんでした。

毎年卒業の時期には新会員に記念品を贈り、年間を通じて微力ながら学友会・部活動・進路活動へ支援するなど、母校との連携を図っています。

これらの活動状況をご覧いただけるよう、毎年総会開催に合わせて同窓会報を発行しています。
令和2年に発行した第48号は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、同窓会活動も自粛を余儀なくされたため、従来の8ページ構成を4ページに変更するなどの工夫をして発行しました。

本ホームページについてもより見やすく親しめるものにするよう、令和3年7月にリニューアルし、更新の回数を増やしています。

上記の活動を通じて、伝統を引き継ぐとともに若い同窓生の力を引き出し、本同窓会と母校の一層の発展を目指していきます。